RAT #003 【ランニング】“Run for Business“~ランニングがもたらすホルモン分泌と仕事効率の関係~
RAT #003 【ランニング】“Run for Business“~ランニングがもたらすホルモン分泌と仕事効率の関係~
RAT #003 【ランニング】“Run for Business“~ランニングがもたらすホルモン分泌と仕事効率の関係~
RAT #003 【ランニング】“Run for Business“~ランニングがもたらすホルモン分泌と仕事効率の関係~
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, RAT #003 【ランニング】“Run for Business“~ランニングがもたらすホルモン分泌と仕事効率の関係~
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, RAT #003 【ランニング】“Run for Business“~ランニングがもたらすホルモン分泌と仕事効率の関係~
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, RAT #003 【ランニング】“Run for Business“~ランニングがもたらすホルモン分泌と仕事効率の関係~
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, RAT #003 【ランニング】“Run for Business“~ランニングがもたらすホルモン分泌と仕事効率の関係~

RAT #003 【ランニング】“Run for Business“~ランニングがもたらすホルモン分泌と仕事効率の関係~

通常価格
¥1,000
販売価格
¥1,000
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

プロランニングコーチの沖和彦氏による、主に座学ベースで実施されるウェビナーです。PCの前に座ったままで行える内容となっていますので、ご自宅からでもカフェからでも、どなたでも安心してご参加下さい。

今回のテーマはランニングと仕事効率についてです。

ランニングは仕事のパフォーマンス向上に効果的。普段体感的にそう思っている方もいるかもしれませんが、身体の仕組み的に実証されているのです。

皆さんがランニングをする理由はなんでしょうか?(もしくはランニングをしている人は何を目的に走っているのでしょうか?)
ランニング限らず運動をする方の大半は「健康のため」という方が統計上多そうに思えます。そんな数ある運動種目の中でもランニングが良い理由はいくつかあります。

  • 1人でできる(球技だと人数が必要)
  • どこでもできる(道路、グランドその他)
  • 費用が少なく開始できる(シューズ、時計)

「安い、早い、美味い」ではないですが、ランニングは「手軽に、どこでも、誰でも」がキーワードとしてあるのではないでしょうか?さぁ、そんなランニングですが学生からお年寄りの方まで老若男女の方が実施する運動ですが、私がおお薦めしたいのは社会人の皆様です。そもそも筆者は以前フィットネスクラブで働いた手前運動の習慣があり、仕事前にランニングをしていました。ランニングをする前は、その後に待っている仕事の事で憂鬱な気持ちになりますが、ランニングの最中には、憂鬱な気持ちが晴れたり悩んでいた次のイベントの企画案が急に頭に浮かんできたりした経験がありました。その時はそこまで深掘りしませんでしたが、実はランニングには脳や体の様々な部分に良い恩恵を与えてくれる事実があります。

人間関係の悩みや暗い気持ちを変えていく

〜幸せホルモンセロトニンの分泌〜

人間関係で悩むと精神的に暗い気持ちになったり、酷い時には鬱になる方もいます。
そんな時にランニングはオススメ。最初は辛いけど走ることであなたの気持ちは晴れます。その理由はセロトニンというホルモンの分泌です。セロトニン分泌により感情や気分のコントロールができ、精神が安定するのです。

“ランニングはメンタルの安定に向いている?"
セロトニンは一定のリズムを繰り返す運動や日の光を浴びると分泌されます。まさにランニングはセロトニンを分泌させる為にマッチした運動なのです。「ランニングはメンタルが必要なスポーツ」と言う方もいますが、(マラソンなら苦しいところで諦めない気持ちも必要です)ランニングをする事で精神(メンタル)を最高の状態にすることが可能と言えるでしょう。

 リーダーシップ、クリエイティビティに影響!?

〜前頭葉と海馬のレベルアップ〜

ランニングをする事で脳の中の前頭葉や海馬が刺激をされ容量が増えます。今の行動が将来どんな結果を生むか認識する力や社会的に悪な反応を抑制する力や物事の状況判断がより細かくできる力が身につきます。(※前頭葉の容量アップにより)またランニングによる刺激で海馬の容量が上がる事でクリエイティブな発想や記憶力の向上が見込める。

自分をやる気にさせるホルモン!?

〜ネガティブな気持ちを"出させない"〜
人はストレスを感じるとコルチゾルというホルモンを分泌して脳内のホルモンの活動を低下させます。そのコルチゾルがでない様にドーパミンを出すことが大切です。ドーパミンというホルモンは新しいチャレンジや、達成感を得ること、体を動かすことで分泌されやすくなります。つまりランニングを上手く活用すればドーパミンも他のホルモンとセットで分泌されるということになります。

※ドーパミン分泌には、予め目標タイムを決めて走る様なランニング(タイムトライアルやインターバル練習)がオススメです。

体調を崩しづらい、元気な人でいれる!?

エンドルフィンの分泌
エンドルフィンの分泌により免疫機能がが高まり体の修復力を向上させます。エンドルフィンが分泌されるのは少し辛いトレーニングや練習をした時。ただジョギングするよりもインターバルトレーニングやビルドアップ走を選んですると良いでしょう。また、エンドルフィンは目標通りにできた時に分泌されるため、目標や目的を持ってランニングを行うことが重要です。例えば「軽く走るだけだとしてもフォームを意識して足に負担なく走ろう!」と決めることで、それが見事にできた時にエンドルフィンが分泌され結果的にその後の仕事もハツラツになるのです。

サプリメントに頼りすぎず、ランニングという全体の体を動かす運動を通して我々が本来持っているホルモンを活用し、自分の体の中から最高の自分を造ることを目指しましょう!

こんな方にオススメ

  • マラソンやランニングに取り組まれている方で、「後半もう少し楽に走りたい」もしくは「力を抜く感覚が分からない」という方
  • テニスやバスケットなどで、とっさの動き出しが苦手な方
  • スポーツを問わず、持久力を高めたい、バテない体作りをしたいと思っている選手や保護者、指導者の方

*「走る」という動きはヒトの基本機能であり、すべてのスポーツに共通するスキルになりますので、スポーツ愛好家の皆様やすべてのアスリートにおすすめの内容となっております。

講座内容

  1. なぜビジネスリーダーにランニング愛好家が多いのか(ホルモン分泌と脳科学からランニングを考える)
  2. 走ることで免疫機能を高め、疲労回復を進める(エンドルフィンとリカバリー)
  3. 質疑応答

講師プロフィール

【沖 和彦】

プノンペン国際マラソン優勝をはじめ、国内外の多数のマラソン大会を制覇してきたが、高校時代の陸上経験はわずか3ヶ月、そんな異色のランニングコーチ。

フィットネストレーナー時代の経験と、フルマラソンランナーとしてサブ2.5まで辿り着いた手法と経験をミックスさせた指導方法が評価され、全国各地で講師実績多数。

またランニングを通して得られる付加価値、走ることで人生を豊かにするということを伝え継ぐ哲学をしるした著書、「OKI-GOTOKI自らで心を鍛える考え方」も絶賛発売中。

主な成績
2015 wings for life world run JP 優勝
2016 加古川マラソン 優勝
2019 都濃ハーフマラソン 優勝
2020 都濃ハーフマラソン 優勝
2020 びわ湖毎日マラソン 2'28'24
など

http://oki-kazuhiko.com/

イベント概要

開催日時 : 6/25(木)6:30〜8:00
会場 : オンラインのみ

  • zoomで行います。 チケットご購入者の方にはzoom URLと入室パスワードを送付いたします。
  • 当日ご自由にご入室ください。途中の入退室も構いません。

注意事項

  • ご購入者以外は閲覧不可となります。
  • ご発言時以外はマイクをミュートにするなど、他のご観覧者様へのご配慮をお願いいたします。
  • 当日はイベントを録画いたします。撮影した動画・写真は当社Website、SNS、その他メディア掲載のために利用させていただく可能性があります。予めご了承ください。
  • 内容は予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

RAT - Rolemodels and Teachers

運営団体

RAT - Rolemodels and Teachers 運営委員会

以下に同意の上お申し込みください

  1. 講師指導の下、フィットネスレッスンを行い、自己の責任の下に、安全に注意を払い、自らの身体的限界を超えない範囲でレッスンに参加することを承諾します。
  2. 私の健康状態は現在良好であり、フィットネス参加に何ら問題がないことを認めます。
  3. (既にアレルギー体質の方、負傷中の方、疾病中の方、妊娠中の方、先天的あるいは後天的な理由で、身体機能の一部に障害をお持ちの方は)主治医の承諾の下、イベント参加時に主催者に申告することを承諾します。
  4. 上記3.に該当される方で、緊急の際に知っておいてほしい応急処置がある場合は、イベント参加前に必ず主催者に申告します。
  5. 上記3.に該当される方は事前に主治医に相談し、フィットネス参加に何ら問題がないこと、また、自己の責任により体調管理を行うことを認めます。
  6. 万一、イベント中に体調などに異常が生じた場合は、直ちに参加を中断し、主催側スタッフに報告することを承諾します。
  7. 万一、イベント中に負傷・疾病などが発生し、罹病した場合、後遺症が発生した場合、死亡した場合についても、自ら責任を負うことを承諾し、その原因のいかんに関わらず関係者(主催側スタッフ)に対する何らの責任も問わないことを承諾します。
  8. 万一、イベント中に負傷・疾病などが発生した場合、医師および関係者が(可能な場合)合理的な応急処置を施すことに承諾し、故意又は重過失がある場合を除き、その応急処置の結果につき関係者に対し何らの責任も問わないことを承諾します。
  9. 所有物の破損、損失に関しても自ら責任を負い、関係者に対し何らの責任も問わないことを承諾します。